フコイダンの分子グローバルチャンネル

厳選された情報だけをお届けする、フコイダンの分子についての詳細を御紹介!

フコイダン分子が働きかける免疫細胞の種類

フコイダン分子は海藻類などに多く含まれている高分子多糖類に属する栄養素となります。とくに海藻類でもネバネバとした成分に含まれているため、昆布のほかにもメカブやモズクなどに多い栄養素です。このフコイダンは免疫力を高める効果がありますが、それらは免疫に関係する細胞などに直接働きかけることが分かっているからです。実際に働きかける免疫の種類は最低でも6種類以上あり、代表的なのがNK細胞やマクロファージとなります。NK細胞自体は直接攻撃などをする大切な細胞であり、マクロファージはウィルスの状態などを把握して攻撃などを伝達する大切な役割があります。他にもヘルパーT細胞や樹状細胞やB細胞にキラーT細胞など多くの免疫細胞に大きく働き買えることが分かっています。これらが効率的に働くことによって、免疫向上につながり病気にならないよう予防することに繋がります。

フコイダン分子が美容効果の期待について

海藻類などのネバネバした成分の中に含まれている、高分子多糖類に属した栄養素として注目を集めているのがフコイダンです。免疫向上のほかに生活習慣病の予防や育毛効など様々なよい効果が期待できますが、それ以外に美容関係でもとても大きな効果が期待できます。美容の種類としてアンチエイジングといったシミやシワなどを薄くする効果があります。そのほかにも保温効果などもとても高いので、潤いのある肌にすることができます。またダイエット効果なども期待できるため、フコイダンは摂取するだけで健康に美容にととても高い効果が期待できます。摂取する方法としては海藻類の中でも昆布のほかにメカブやモズクなどもよいです。他にはガゴメ昆布などにも多く含まれているので、普段の食事の際に意識して摂取するようにすることがよいです。出張や外食といった場合にはサプリメントを利用するなど工夫して摂取することもできます。

フコイダンの健康効果と分子の大きさについて

モズクやコンブなどの海藻には、フコイダンが含まれています。1913年にスウェーデンのウプサラ大学の教授によって発見された物質です。この物質がヌメリを出し、海藻が摩擦や海中の潮の流れで傷つくことを防いでいます。また、乾燥や微生物からも身を守っています。このフコンダインを摂取することで、健康上の様々なメリットがあると言われています。一例を挙げると、免疫力を向上させる力があります。ナチュラルキラー細胞や、マクロファージといった免疫細胞が存在していますが、これを活性化する効果があります。他にも胃の中のピロリ菌を殺して胃を守る作用や、アレルギー反応を抑制する効果があります。また、フコイダンは高分子多糖体と呼称されている、分子が大きな物質です。そのため、そのままでは身体に吸収されにくいのではないかと言われてきました。なので、分子を小さくしたものが開発されています。