フコイダンの分子グローバルチャンネル

厳選された情報だけをお届けする、フコイダンの分子についての詳細を御紹介!

フコイダンの分子にこだわるとともに

体の中の免疫細胞の力を強化してくれるとして、昨今、サプリメントなどでも人気となっているフコイダンですが、その分子には高低の差があり、どちらがよりいいのか迷ってしまうという声も少なからず聞かれます。分子量が高いと吸収が鈍くなるものの、体の中に取り込まれる成分量は多いため、結局のところ、より高い効果を期待するなら高分子という選択になるのが一般的です。サプリメントで摂ることによって、効果的にフコイダンの栄養成分を摂取することができますが、もずくや昆布などからも摂れますので、日々の食生活に取り入れるという考え方も重要です。そうすれば、高いか低いかということをさほど気にせず、とにかく栄養分をしっかり摂るという目標をクリアできます。体の中でどのように働いてくれているかは、免疫力がどのように変わるかを自分なりに探っていくことでわかるようになるでしょう。

免疫に働きかけるフコイダン分子の作用について

人間の免疫力には様々な働きかけによって効果がでてきます。その中でも重要な細胞として最近やウィルスなどに直接攻撃をしかけるNK細胞と呼ばれるナチュラルキラー細胞や、マクロファージと呼ばれる細胞の働きが大きく関係しています。免疫力が弱いという人は、この攻撃をする細胞自体の動きが鈍いことから最近やウイルスを退治することができずに病気になるのが原因となります。海藻類などに多く含まれているネバネバ成分ではるフコイダン分子は、このウィルスや最近に攻撃を行うナチュラルキラー細胞やマクロファージの動きを活発に作用する効果があることが分かっています。そのため普段の食事などで意図して海藻類と摂取したり、サプリメントなどでフコイダンを補給することによって免疫細胞が活発に活動してくれることになり、結果免疫力を高める作用につながります。

フコイダン分子によるピロリ菌除去の働きについて

フコイダンと呼ばれる栄養素は、海藻類などに多く含まれている高分子多糖類に属しています。海藻類の中でも特にネバネバとした成分に含まれており、昆布やメカブにもずくといった食品に多く含まれています。このフコイダンですが、近年話題にもなっている胃の中にいるピロリ菌除去に働きかける効果があることが分かっています。ピロリ菌自体は発症することによって、様々な症状を引き起こしますがピロリ菌自体は胃の粘膜部分にある硫酸基が好物とされています。そのため常に胃に住みつき悪さをするのですが、実はフコイダンの成分の中にもピロリ菌の好物となる硫酸基を多く成分として含んでいます。そのため、ピロリ菌がその硫酸基に吸いつけることで腸まで運び押し流す働きがあります。そのためピロリ菌や胃から除去から腸をとおり排出されるので、除菌の効果があり胃を守る働きをしてくれます。